「京都府大学吹奏楽連盟合同演奏会」の略です。

 京合は、京都府大学吹奏楽連盟の歴史とともにあります。昭和45年、京都府大学吹奏楽連盟が京大、立命、同志社、佛大、産大の5大学で発足しました。昭和49年に龍大が加盟し、昭和51年に第1回京合が開催されました。それ以来、毎年京合は開催されるようになり、加盟大学も増え15大学となり、今年度で39回を数えることになりました。

 

 近年は1部:オリジナル・アレンジステージ、2部:ポップスステージ、3部:ステージマーチングショーの3部構成になっており、オリジナル・アレンジステージでは、例年、客演指揮の先生をお招きしています。これまでの長い歴史の中では、吹奏楽界の名立たる指揮者・作曲家の先生方に指揮をしていただきました。過去には、故・大栗裕先生、故・兼田敏先生、佐渡裕先生、高昌帥先生、保科洋先生、宮本輝紀先生に来ていただいています。これだけ豪華な方に振っていただけるのも京合ならではと言えるでしょう。出演者は3月から5月の約2ヶ月という短期間で練習と合宿を行って本番に臨みます。

 

 今年も第39回京都府大学吹奏楽連盟合同演奏会を開催します。以下、演奏会の情報を記載いたします。

 

 

 第39回京都府大学吹奏楽連盟合同演奏会

 

1.開催日時:2014年5月5日(月) 開場17:15  開演18:00

2.開催場所:八幡市文化センター

3.ステージ構成:第一部 オリジナル&アレンジステージ

          第二部 ポップスステージ

           第三部 ステージマーチングショー

4.ホール練習日:5月3、4日の2日間

 

 

全体テーマ「京Go!!!」

 

 演奏会の略称である「きょうごう」を使うことで連盟の認知度アップ、また40年目を目前に原点回帰の意味を込めました。京都の大学生が、若さあふれるパワーで発展し続ける、一丸となって元気よく歩き続ける、演奏会を仲間と一緒に築き上げる、お客さんも京合にGo!!!・・・そんな願いをこめたテーマです。

 

 

第Ⅰ部 Original&Arrange Stage

 

ステージテーマ 「Tutti!」

 

 シンフォニックのよさを伝えたい、ということで音楽記号を使いました。一体感やつながりのある楽しいステージにしたいので「みんなで」という意味の「tutti」です。

 

客演指揮者

 若林 義人 先生

龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部の音楽監督、常任指揮者の若林義人先生をお招きする予定です。

先生には1曲目と4曲目を振っていただきます。

 

曲目

    1.セレモニアルマーチ (坂井 貴裕)

    2.架空の伝説のための前奏曲 (山内 雅弘)

    3.ハノーバーフェスティバル (F・スパーク)

    4.海の男たちの歌(R.W.スミス)

 

 

第Ⅱ部 Pops Stage

 

ステージテーマ 「It’s Show Time!」

 

 「アラジン」「ハリーポッター」といった不思議な魔法の使われる映画の曲を主体に、

観客をそういった不思議な世界へと誘える演奏をと、このステージテーマになりました。

ポップス特有の賑やかな面も残しつつ、ただそれだけではないポップスステージにしましょう!

 

曲目 

     1.アラジン(Alan Menken )

     2.イエスタディ・ワンス・モア (Richard Carpenter )

     3.ベイ・ブリーズ (真島俊夫)

     4.交響組曲「ハリー・ポッターと賢者の石」 (John Williams )

 

 

 

第Ⅲ部 Stage Marching Show

 

ステージテーマ 「We are Entertainer!」

 

  京合のドリルステージに出演する人はお客さん一人一人を楽しませられるEntertainerであるという共通意識を持つ。見せる人、楽しませる人、という意味のEntertainerをテーマにしました。

 

曲目

     1.MANGIONE OPENER 

     2.KARN EVIL 9

     3.MAGICIAN

     4.IN TO THE LIGHT

     5.RIVERDANCE FINALE

 

 

京合とは